ひと味ちがう子育てを。

本が好き♪な母と工作好き!なマイペース娘との毎日。

マスクはとどきましか?まだ届かないので・・・簡易マスク。作り方をご紹介

こんばんは、ひとみです。

今日はどうしても目薬がなくなってしまい、ドラックストア行ってきました。

久しぶりの街(笑)では、ランチ営業のお店でお弁当を売ってる所が多かったです。

 

そんな中、路上でマスクを売ってるお店が!

なんだかいかつい、お兄さん?おじさん?が売ってる。残り、2個。

値段は3300円(50枚入り)・・・ち、ちょっと高くない?

思わず、ちら見しちゃいました^_^;

 

ドラックストアには、残念ながらマスクはまだ売っていなかったです。

今日は、マスクについて書きたいと思います。

 

マスクとは?

マスクとは、口と鼻を覆う形状で、咳やくしゃみの飛沫の飛散を防ぐために 使用される、または、ほこりや飛沫等の粒子が体内に侵入することを抑制する 衛生用品である。

引用:https://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0922-7b.pdf

↑こちらには、マスクについてめちゃめちゃ詳しく書かれてます。

↓大本はこちらです。

www.cas.go.jp

ここまでくると、正直新型コロナにかかってるのか、かかってないのか分からない。

症状が出ていないだけで、自分がかかっていると思って行動するのがいいと、個人的には考えています。

「うつさないために」と言うワケで、外に出る時はマスクを着用。

 

ただ、マスクが売ってない(T . T)

我が家では、スーパーで売っていたガーゼマスク数枚と買い置きの使い捨てマスクの残りを大事に、大事に使用。

娘は、給食の当番用にガーゼマスクがあったので、助かりました。洗って、繰り返し使えるのって、ありがたい。

政府が支給してくれる布マスク、ありがたく待っています。

 

ちなみに、以前の同僚は「不織布のマスクをお風呂入る時にさっと洗って、干すで2~3回使えるよ」と話していました。なにげに、私もこっそりやってます^_^;

マスクが足りない!でも自作は苦手

最近目にするのが、手作りマスク。twitterとかでも、おしゃれなのを見かけませんか?

お裁縫が得意な人が本当にうらやましい。憧れる(*'▽')

 

私は子どものころから裁縫が苦手。

なんせ、夏休みの宿題か何かで、私が縫った袋の縫い目がひどすぎて、母親が勝手に直してましたし"(-""-)"

そのトラウマか?針仕事はめちゃくちゃ苦手です。

  

逆に娘は、裁縫好きなんですよね。学校でも、ものづくりクラブに入って、好きなキャラクター(コナンとか、まいぜんシスターズ)とか作ってました。

 

と言う訳で、縫わなくてOKな簡単マスクのご紹介!

ネットで色々見かけた方も多いかと思います。ずぼらな私も色々参考にしてたどり着いたのが、簡易マスクです^^

用意するものは、

  • ハンカチ、ガーゼ、手ぬぐい 1枚
  • ゴム2本(私は、タイツを輪切りにしたもの使用)

f:id:felicita_h:20200502005048j:image

ハンカチを三つ折りにして、左右にゴムを通し、中に折り込みます。

f:id:felicita_h:20200502005102j:image

雑ですが、簡易マスク♪散歩の時はコレ使ってます。

が、娘には、めちゃくちゃダサいので、止めてほしいと言われています^_^;

なお、家で掃除するときは、ゴムすらせず、バンダナで鼻と口を覆うだけです!

 

お裁縫が好きな人にはこちらがおススメ

ネットで話題になったお店です。

マスクの型紙もありますし、作り方を詳しく書かれていて、動画もあります!

私のように裁縫が苦手な人向けに、縫わなくて済むものから、基本的なもの、大人用、子供用の型紙が作り方の動画もあります。

とても参考になりますので、ぜひご覧ください!

裁縫苦手な私も作りたくなってきた~、さすがスワニーさん♪

swany-kamakura.co.jp

実は、お店に行ったことあります。

かわいい布とかたくさんあってつい、何かを作りたくなるアドレナリンがでる場所。自分の腕も忘れて、夢見ちゃうのよね。

落ち着いたら、娘連れて行こうっと。喜ぶよ、絶対^^

 

最後に

この手のマスクは、簡単に洗えるのがいいです♪

 

どこかの小学校でマスクの色が白でなかったから怒られた、みたいなニュースがあったけど。

もうね、色なんて気にしてる状況じゃない。してるだけ、えらい!

ちょっと変な色のマスクしてる人がいても、気にしないでください。それは、私かも!?

 

残念ながら、緊急事態宣言も延びるようですね。

マスクと上手に付き合いながら乗り切りたいです!

それでは、Arrivederci!(イタリア語で、さよなら、また会いましょう~。私、イタリア好きなので)