ひと味ちがう子育てを。

本が好き♪な母と工作好き!なマイペース娘との毎日。

ハロウィン!仮装やパーティはしましたか?

こんばんわ。今日はハロウィンですね。渋谷には仮装した人達でいっぱいだとか。

皆様は、🎃ハロウィンらしいことはしましたか?我が家ではそれっぽいおやつ食べるくらいです(/・ω・)/

いままで娘の学校や学童で行われたハロウィンの過ごし方が面白かったので、紹介させていただきます。

「魔女宅」の写真[モデル:ゆうき]

 

 

小学校でハロウィン

娘の学校の給食のメニュー表を見ると「パンプキングラタン」でハロウィンをお祝いしよう♪newsとなってる!娘は普通のグラタンのほうがいいと言っていました(笑)

また、今年は音楽会やら遠足があり、なにもしませんでしたが、小学校2年、3年生の時は、クラスでハロウィンパーティーを開催していました。(あくまでクラス単位で、担任の先生の許可と、レクレーションやパーティ係のやる気で決まるらしい。)

内容は、仮装して学校に来てOK。その恰好で一日過ごしていいそう。また、朝や昼休みなどを使ってレクレーションの一環で、仮装したままゲームをしたり、ドッジボールをする!!とか。なんだか、斬新。

仮装と言っても、いつも通りの洋服の子もいれば、ちょっろっとカボチャグッズをつける子、本格的なコスプレさんまで、色々だったそう。ちなみに、娘は毎年魔女になりたがります(*^^*)

学童でハロウィン

娘が以前通っていた学童では、1~2週間前から仮装したい子は、衣装を自分で作っていました。といっても、材料は、黒いビニール袋に、オレンジのスズランテープ、普通の紙を細く丸めてステッキにしたりと、基本手作り。そして、毎年娘は魔女でした。

当日は、先生が飾り付けをしてくれて、宝物探し大会となります。やり方は簡単。小さな紙に「大当たり」「当たり」「参加賞」などと書いて、部屋の探しずらそうなところに隠せば完成。ちなみに、景品はお菓子です。

娘は結構楽しんでいて、「〇〇のお菓子が当たった!大当たりだよ」と喜んでいました。この経験からか、お菓子が景品の宝探しを家でもします。今回のハロウィンもやる予定でしたが習い事があったで、景品のお菓子の補充をして、週末決行予定です♪

そもそもハロウィンとは?

西洋発祥の秋の収穫したものを捧げてを祝うお祭りです。その際、収穫のお祝いだけでなく、家に悪いことを持ち込む悪霊を追い払うために、仮面を被って魔除けの焚火をする行事。この焚火がカブをくりぬいて中にろうそくを立てるものに変わっていきました。さらに、アメリカではカブではなく、よくとれるカボチャになったそう。よく見かけるカボチャ(ジャックオーランタン)になったんだとか。

そもそもは、古代ケルトで10月31日は年末(大晦日)。日が短くなることから、霊界の門が空き、霊が行き来できるようになり、ご先祖様たちがかえって来る日でもあったそう。日本のお盆みたいな感じでしょうか。ただ、悪いも来るので仮装をして追い払うことにつながった模様。今ではすっかり、仮装(コスプレ)して、お菓子を配ったり、もらったりが子どもだと多いかなと思います。

個人的には「トリック オア トリート(おかしくれななきゃ、いたずらしちゃうぞ)」って、ひどいじゃんと思ってしまいますが・・・( `ー´)ノ

娘が学童で「ハロウィーンってなあに?」という本からの抜粋の説明文を頂いてきていました。この本では、ハロウィンの起源とかどんなお祭りなのか子どもでもわかるように書いてありますよ。

ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)

ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)

 

 以上です。お休みなさい!