ひと味ちがう子育てを。

読書好きの働く母親、10年目。3度の飯より、本が好き♪な母と工作好き!なマイペース娘との毎日。

昨日は、祝日!(即位礼正殿の儀)どんな風に過ごしましたか?

みなさん、こんばんわ。

今日は、新天皇陛下の御即位をお祝いする祝日です♪

我が家では、娘と私はお休み。主人は、休日出勤でした。午前中は雨、午後は晴れてきましたが、皆様はどのように過ごされましたか?

なんとなく歴女の環木が『即位礼正殿の儀』などのプチ情報を交えてお伝えしたいと思います。

「田んぼからの虹」の写真

 

 

我が家の場合

冒頭で書かせて頂いた通り、主人は、仕事に出かけました。

私と娘は、甥っ子の運動会の応援に行ってきました。(本来は2週間前に行われる予定でしたが、台風で延期になりました)

正直、国民の祝日にどうだろう?と思う気持ちもありましたが、日程や場所の都合上、この日しかなかったそうです。甥っ子のパパは仕事のため、ピンチヒッターとして私と娘も運動会を観覧してきました。

ちなみに甥っ子(3歳)は、娘と仲が良く、テンション上がってました(^_-)-☆

娘と甥っ子は保育園が違うため、運動会の運営にも差があり、見ていて興味深かったです。

・娘の保育園は、昔からあり定員が100名を超える大きい認可保育園。

・甥っ子の保育園は、ここ数年で認可になった小規模な保育園。

小規模な園だと同じ学年の子であれば、親御さんたちはほぼ顔見知りな感じで連帯感があるように感じました。また、運動会の最後に、担任の先生が年長さんの子ども一人一人がどう頑張ったのかを話し、思わず泣いている先生の姿にうるっときました。先生と抱き合ってる子どももいて、沢山頑張ったのが伝わってきます。

とにかく、子どもたちの姿がかわいらしくて、ちっちゃくて、一生懸命で、良かったです♪小学生とはまた違った可愛さ。何しててもカワイイですからねっ!娘にもあんな頃があったなぁ・・・

即位礼正殿の儀とは?

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)
御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。今年10月22日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。

出典:www.gov-online.go.jp

天皇陛下の御即位を公に宣明されるのが、即位礼正殿の儀です。国内外の要人2000名が出席されたそうです。また、夜には「饗宴の儀」が催され、天皇、皇后両陛下、皇族の方や、賓客400名が参加されたとのこと。ニュースでも取り上げられていたので、ご覧になった方も多いかと思います。

なぜ今回祝日になったかという理由はこちら

今回のように、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことであり、憲政史上初めてのことです。国民こぞって御即位に祝意を示すため、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」が制定され、今年5月1日の「天皇の即位の日」、同年10月22日の「即位礼正殿の儀の行われる日」が、今年限定の「国民の祝日」に定められました。
皇太子殿下が御即位され、新たな元号になる今年は、私たち日本国民にとっても特別な年といえるでしょう。

出典:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201903/1.html

個人的な感想と小話

今日は昼過ぎから雨が上がりました。

実は『即位礼正殿の儀』がはじまった時に、雨が止み、皇居周辺では虹がかかったそうです♪twitterでは色々な方が写真をUPされていました。虹も普通と違い、弧を描くのではなく、まっすぐなんです!

3種の神器の中の一つ「天叢雲剣」を使った儀式では、雨が降りる。のちに止み、虹がでるのは祝福という伝承もあるそうです!なんだか神秘的。

調べたところ、『即位礼正殿の儀』の詳細がこちら。

儀式が行われるのは宮殿で最も格式の高い「松の間」。

 束帯や十二単(ひとえ)を着用した皇族方が並ばれ、三権の長らも定められた位置につくと、午後1時、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に身を包んだ陛下が、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印章「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」とともに、「高御座(たかみくら)」と呼ばれる玉座に昇段される。

 続いて、十二単姿の皇后さまも「御帳台(みちょうだい)」と呼ばれる御座に昇られる。

 陛下が高御座から即位を宣言する「お言葉」を述べられた後、安倍晋三首相がお祝いの「寿詞(よごと)」を述べて万歳三唱し、参列者も唱和。儀式は約30分で終了する。

 出典:歴史伝える「即位礼正殿の儀」 - 産経ニュース

 

ちなみに、「天叢雲剣」の本物は、名古屋の熱田神宮にありますよ。

個人的にときめくのは、平安調の和風の衣装!明治期からこのスタイルになったそうです。なお、天皇陛下の烏帽子だけが、まっすぐになっているってご存じでしたか?参列されている秋篠宮殿下と烏帽子の形が違いますので、気になる方は、ご覧になってくださいませ。十二単衣も素敵です。

www.sankei.com

即位の礼をお祝いするように、富士山も初冠雪が発表されたとのこと。歴史的な日だなと思うのは、私だけでしょうか?

 

長くなりましたが、最後に「弥栄」(本来は、旧字の彌榮)という言葉はご存じですか?

弥栄、彌榮(いやさか、いやさかえ、やさかえ、やさか、やえい)とは、主に一層、栄えるという意味の単語。また、「万歳」に意味が近く、めでたい意味で使われることもある[1]。
一般的な場合にはいやさかと読むが、祝詞ではいやさかえが本来の正式な読みである。また神事ではない祝辞の場合にはいやさかでも間違いではない[2]。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/弥栄

皇室を寿ぐのに使うことが多いそうです。(ウィキペデアの例では、ボーイスカウトになっていましたが)安倍首相が「皇室のイヤサカ(弥栄)を祈念する」と仰るのを聞いたことあるかもしれないですね。

 

「天皇弥栄」(すめらぎいやさか・天皇陛下の御代がいつまでも長く平和に栄えますように)

この言葉が10月20日にぴったりではと思いましたので、紹介させていただきました。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。お疲れさまでした(^^)/