ひと味ちがう子育てを。

読書好きの働く母親、10年目。3度の飯より、本が好き♪な母と工作好き!なマイペース娘との毎日。

子どもの矯正歯科に行ってきました。費用はいくら?

こんばんわ。お天気が優れないですが、お元気ですか?

先日、娘の矯正歯科に行ってきました。

なんと、今回の費用は0円でした!ついにこの日がやってきた!

なんで0円で済んだのか?

今回は娘の矯正歯科の費用のお話をさせていただきたいと思います。

 

娘の行っている矯正歯科

多分、皆さんが想像されているような銀色や透明のワイヤーをつけて行う矯正治療はしていません。

娘が行っているのは、歯の矯正と言いましたが中身は

  • 舌の正しい位置に置くことと、トレーニング
  • 正しい飲み込み方をする
  • 姿勢を正す
  • 口呼吸ではなく、鼻呼吸をする
  • 日中1時間と夜間はマウスピース
を行って顎を広げ、歯を正しい位置にするものです。
なぜこの治療法にしたかというと、通っている歯医者さん(医院長先生)曰く、
「普通にワイヤーで矯正をすると歯の位置変わるが、外すとすぐ戻ってしまうことが多々あり、根本から治したいと考えてたどりついた方法」
と言って紹介されたからです。根本から治したいという言葉にも惹かれました。
娘が行っている矯正でわかりやすい説明がありましたので、↓紹介します!
MRC矯正とは?
Myobraceという専門のマウスピースを用いた新しい子供矯正で、口の周りの筋肉のトレーニングと呼吸を改善することで乱れた歯並びも早期に治療するシステムです。
子供の顎の正しい成長を促して、ブラケットを用いず、できる限り抜歯もしない子供矯正です。
Myobraceを使用してもらいながら、様々なactivitiesと呼ばれる筋機能トレーニングを行ってもらうことで、安定した顔貌と歯並びを確立していく方法です。
MRC矯正はMyobraceの発祥の地であるオーストラリアで開発されて、現在では世界100カ国に広まっている子供矯正システムです。Myobraceは装置とエデュケーターとのトレーニングの両輪が大切です。
松井歯科医院・子供矯正(MRC)より引用
 
娘の場合は歯並びがかなりわるい、いわゆる交叉咬合と言われるものでした。
子どもの矯正はいつごろから始めるのがよいかというと
第1期 6歳ごろから12歳(小学生 混合歯列期)★永久歯が生えてきたら
第2期 12歳から(中学生以降 永久歯列期)★永久歯がすべて生えそろったら
 
娘は小学2年生の冬、8歳になってからのスタートだったので、少し遅いくらいかもと言われました。
第1期の出来次第で、第2期の治療が決まるとのこと。うまくいけばワイヤーを使った治療をしなくて良くなるかも!しても一部になるのでは、言われ気合が入りました。
 
私の会社の同僚が大人になって歯科矯正をしていて、ワイヤーを使っていましたが
結構つらいし、取ったら歯がずれてきた、という話を聞いていたので・・・

治療までの流れと費用

  1.  紹介状を元に予約を取り、医院長による治療の説明。納得した場合は、その日にレントゲン検査や歯の写真撮影。
  2. レントゲン検査の結果と治療方法の確認、費用の提示(1~2週間後)
  3. 口内の細菌検査。よだれを集めて最近の量や種類を調べる(1~2週間後)
  4. 治療という名のトレーニング開始(月1回)
  5. トレーニングが身に付いたら、経過期間(2~3ヶ月に1回)

矯正歯科の費用・内訳

  1. 約1万円【保険適用外】
  2. 治療費【保険適用外】25万円(+トレーニング代7200円/回)
  3. 約5000円【保険適用外】
  4. 7200円【保険適用外】
  5. 保険適用期間、但しトレーニングや矯正器具の変更などある場合は7200円【保険適用外】

現在

約1年半をかけてトレーニングを行い、歯並びもだいぶ良くなったため、

2か月に1回になり、今回虫歯もなく(そりゃあ、数週間前治してもらってる!)

次回は3ヶ月後になりました!やったー!

特に新たなトレーニングなどはなかったため、保険適用内で0円でした(*^^)v

 

felicita-h.hatenablog.jp