ひと味ちがう子育てを。

本が好き♪な母と工作好き!なマイペース娘との毎日。

娘と歯医者 メンテナンスは大事

娘が歯医者に行きたいと言い出した

私が歯医者へメンテナンスに行くのに、娘もついて行きたいと言い出しました。

最近、虫歯がないのが自慢だったのに・・・

娘曰く、上の歯の歯茎が腫れているのが、どうにも気になるとのこと。

本当は数週間後に、矯正歯科に行く予定だからその時に見てもらえば良いと

言っても、行きたいらしい。

行った結果は、正解でした♪ありましたよ、虫歯!!!

 

いい歯医者と好きじゃない歯医者

娘曰く、今回行った歯医者さんは、家から遠いのですが、

娘の一番好きな歯医者さんなのです。

理由は、「ちゃんと説明してくれるから」

この先生は、子供相手でもきちんと説明してくれます。

口の中はどうなっているか、なぜこの器具を使うのか・・・わかりやすい言葉で

教えてくれます。

今回は、歯磨きの仕方がよくなくて、歯茎が腫れていること。

その汚れのせいで虫歯ができたことを親の私にも、娘自身にも教えてくれました。

 

ちなみに、小学校に上がる前に、地元の歯医者さんに何軒か通ったのですが

娘とは合わず通わなくなってしまいました。

娘曰く、ある歯医者さんに行った時

「いきなり歯を削った!」と泣きながら怒っていました。

確かに終わったあと、おみやげ(シールやカード等)くれるけど、嫌だったそう。

 

娘は頑固だったから、絶対に口を開けなかったこともありました・・・

歯医者さん、嫌そうな顔してました。本当にごめんなさい。

 

娘、矯正歯科も通っています

娘は保育園に通っていた時、歯並びがとってもきれいでした。

しかし、小学校に上がる頃、永久歯が生えてくるようになると

歯並びが、がたがたになりました。

小学2年生の小学校の歯科検診の時には、

矯正歯科に見てもらったほうがよいとのお達しが来ました。

歯医者さん曰く、

「小さい頃は、すきっ歯くらいがちょうどいい。

娘さんのように未就学児の頃から、歯並びがよいと、

大人の歯が生える隙間がなくなるんです。顎が小さいんですよね。」

 

 

矯正歯科に通ったところ、約1年半で↑こんなきれいな歯並びになりました。

 

ちなみに、矯正歯科は、娘のお気に入りの歯医者さんの紹介していただき

現在も通っています。

 

矯正といっても、よく見かけるワイヤーをつけるやり方ではなく

・鼻呼吸

・舌のトレーニン

・背筋を伸ばす

・マウスピースをする(寝ている間と起きている間1時間)

上記のようなやり方で、歯並びが本当によくなりました。

 

矯正の先生曰く、ワイヤーをつけて矯正しても、外すと戻ってしまう。

根本的に見直して、今の方法にたどりついたとのこと。

もともとは、アメリカ発祥のようで、

テキストはいかにも直訳な日本語で書かれています(笑)

 これを使っていますよ。なぜか、さる!

舌のトレーニング

舌のトレーニング

 

 

私も歯並びが悪いので、子供の頃、出会いたかったです!

レーニングは大変でしたが、コツをつかむと同時に歯並びも良くなってきました。

娘はわりと順調なようで、毎月通っていたのが、2カ月に1回に減り

親子ともども負担が減りました。金銭面でも・・・!

 

ただ、かかったお金は思ったより高かったですが、やってよかったです。

主人は、金額にびっくりして止めようか、と言われました。

こんな時は、やっぱり働く母。自分で稼いだお金を使いました。

 

最後に、娘の通っている歯医者さんではありませんが、

舌のトレーニングを行って、矯正していくことが

わかりやすく書かれていますので、紹介させていただきます。

 

お子様の歯並びの一助になれば、幸いです。

www.hotei.or.jp